お肌が敏感なのは化学製品のせい

お肌が敏感なのは化学製品のせい

私は昔から常々思っていましたが、現代人のお肌がどんどん敏感になっていっているのは
化学製品のせいではないかと思います。
例えば、家、車にもホルムアルデヒドのような接着剤から化学物質が空気を伝達して、
肺に到達して体内に吸収されています。

 

それから、化学薬品は空気だけではなく食品の中にも含まれています。
防腐剤、着色料、化学調味料、添加物など様々な種類の薬品が混入されているのです。

 

それを知らず知らずに摂取して体内に蓄積されているのです。
いわば現代人は化学薬品漬けにされていしまっていると言っても過言ではありません。

 

そうして出来上がるのが、敏感肌やアトピー、アレルギー体質の免疫機能がぶっ壊れた
人間なのです。本来であれば体にとって有害なものを攻撃するはずの免疫機能が
体に必要なものや無害なものも攻撃してその影響を体が受けてしまうのです。

 

それなので、あらゆるものにアレルギー反応を示してしまうと、
食べ物でいえば食べるものも無くなってしまうし、
普通に暮らす事も出来なくなってしまいます。
そんな人生は嫌だといっても現代社会で生活していれば誰でもなってしまう可能性は
否定できません。

 

なので最近では急に敏感肌になってしまう人も増えているので
今違うとしてもとても人事では済まされない問題といえるでしょうね。